エアコンから水滴…?実はこれが原因かも…

2022年1月25日

IMG_1320
夏場にエアコンのお問い合わせでよくお聞きするの中で一番多いものがカビについて。
その次に「たまに水が降ってくる」というものです。

座ってテレビを見ていたら上からぽたっ…
気づいたらエアコンの下に水滴の後…?

そんなことがあったらびっくりしますよね。

じつはこれ!エアコンの汚れが原因かもしれないのです!

今回はこの水滴の原因について説明していきます!

IMG_1331

IMG_0265-e1643092274769

上記のお問い合わせを頂いたお客様宅へエアコンクリーニングにお伺いすると、ほとんどの場合が上の写真のようにフィルターやその奥のアルミフィンに埃が詰まっています。

この状態こそが水滴の原因になりえるのです!

何故この状態が水滴の原因となりえるのか…?

始めに、エアコン内部には、フィルターが設置されている所から空気を吸い、吹き出し口から排出するという風の流れがあるということを覚えておいて頂きます。

冷房時、エアコン内部では結露が発生しています。
ほとんどの結露水はアルミフィンに付着し、ドレンパンというお皿でキャッチされ室外へ排出されていますが、吹き出し口に付着してしまった結露水は排出する場所がありません。
通常なら、この行き場のない結露水はエアコンが排出する風で乾燥され、下へ落ちることはないので心配はいらないのですが…

しかしこの時、フィルターが埃で詰まった状態だとその流れが上手くいかなってしまうんですね。
そうなるとなにが起こるのか?

風の流れが滞ることで、本来乾燥してくれるはずの水滴が乾燥しきれず、溜まり続けてしまいます…!
そしてもうお気づきかとは思われますが、この水滴こそが「たまにポタッと降ってくる」水滴の原因なのです!

これだけが原因の全てではないですが、クリーニングをすることで改善されるケースがほとんどです。

水滴が残り続けると湿度が発生し、カビの原因にも…!?

まだ冬真っ盛りで冷房を使うことはないかとは思いますが、夏が来る前に一度ご自宅のエアコンを確認してみてはいかがでしょうか?

おそうじ本舗女池店では、各種お掃除のご相談、お見積りなどいつでもお待ちしております!

最後までお読み下さりありがとうございました!
お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る